トップ «前の日記(2008-06-30) 最新 次の日記(2008-07-03)» 編集
【カテゴリ】
お知らせ | ご飯 | まったり | ゲーム | ニコニコ動画 | 技術 | 競馬 | 親バカ風味 | 旅行

【最近のツッコミ】
  1. hiro (2017-07-12 23:10)
  2. kan (2010-04-01 18:52)
  3. igucci (2009-10-01 00:52)
【最近のtrackback】
  1. 中川翔子が、エロ漫画家に転身決.. (2007-09-20 17:34)
  2. ドラゴンストーリー Gourmet Concierge:.. (2007-08-21 15:14)
あわせて読みたい

ねごとと、たわごとと、もうそうと

管理人: いぐっち (info@igucci.org)

総合掲示板徘徊記(旅行記)めいどさんその1めいどさんその2
2004.07.01以前 (blog移行前) の日記はこちら

ねごとと、もうそうと、たわごとと別館 (技術ネタ編)はこちら
新宿C級グルメマップ: 2008年版2007年版2005年版

2004|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2010|12|

2008-07-01 毎日新聞の件は… [長年日記]

[まったり][ニコニコ動画] 毎日新聞の英語版サイトの件


この件、まったくTVで取り上げられてませんね。
(たまたま私が見たTVニュースで取り上げられていないだけ?)
ということで、知っている人は知っているけど、知らない
人はまったく知らない事件になっているような気が…


毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる
まとめ@wiki



毎日新聞英語版「WaiWai」とは、 ライアン・コネル (Ryann Connell)なる人物が、 『実話ナックルズ』、『週刊実話』、『週刊大衆』等、日本のタブロイド誌から、 刺激的なエロ記事ばかりを「クリエイティヴに」翻訳して紹介するという趣向のコーナー。

ということで、もうむちゃくちゃでございます。
毎日新聞、ある意味すごすぎ。



(アカウントがない方用リンク → こちら)


あまりの記事の酷さに最初はネタかと思ったのですが、
ネタじゃありませんでした (((;゜Д゜)))ガクガクブルブル



…ということで、さっそく職人さん達がいい仕事を(笑)



(アカウントがない方用リンク → こちら)




(アカウントがない方用リンク → こちら)


しかし「低俗な」内容の記事を掲載していたとして毎日新聞社が
お詫びの記事を掲載してましたが、これは「低俗」なのではなく
「虚偽」の記事なのではなかろうか。
┐(´д`)┌



【おまけ】
同じ虚偽の記事でも、こちらはとても清清しいですなぅ。

交差点で多重衝突事故 滋賀
(from 虚構新聞)



[まったり] 森博嗣 S&Mシリーズ


今更ながら、森博嗣S&Mシリーズを読んでおります。
一ヶ月ほど前より、またーりと読み始めまして、昨日ようやく
第8作目の「今はもうない Switch Back」を読み終えました。







    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
  ← 感想



完全にやられた。
もう完敗。
森博嗣、おそろしす。
てか、この人、本のタイトル(含む、英語タイトル)のつけ方といい、
章のタイトル&構成における引き出しの多さといい、なんというか
とんでもない人です。うーん、けしからん。

S&Mシリーズも残すところあと2冊なので、ちょっと(´・ω・`)ショボーン
としていたのですが、この2冊が、また文庫にしては尋常な厚さではなかった
ので、今しばらく楽しめそうな予感です(電車の中では読みにくいですがw)


このシリーズ、もう少し前に読みたかったなぁ…
実はS&Mシリーズの第1冊目「すべてがFになる」の存在自体は
これがノベルズとして出版された1996年の時点で知っておりました。
(当時、おいら、大学4年生@情報処理学科)

確か、当時はまっていた二次創作小説サイトの方が、尊敬する
小説家として森博嗣、一番好きな小説として「すべてがFになる」
を挙げておりまして、「ほぅ、これは、この小説を買って読まねば
いけませんのぅ」と思いつつ、結局手をつけることなく10年以上の
時が経ってしまいました ('A`)

…しかし 「telnet で接続」ですかぁ(とおいめ)
確かに当時は telnet でがんがんリモート接続してましたなぁ。
まさにEavesdropping天国(笑)



何はともあれ、初っ端の「すべてがFになる」のインパクトといったら…
これで、完全にトリコになりましたよ、おいら。




いきなり「数字の中で7だけが孤独なのよ」だもんなぁ…



お名前:
E-mail:
右の画像に書かれている文字列を入力してください:
コメント:
[]








なかのひと ← なかのひとによるアクセス概要マップ

ページランク