トップ «前の日記(2008-05-28) 最新 次の日記(2008-05-30)» 編集
【カテゴリ】
お知らせ | ご飯 | まったり | ゲーム | ニコニコ動画 | 技術 | 競馬 | 親バカ風味 | 旅行

【最近のツッコミ】
  1. hiro (2017-07-12 23:10)
  2. kan (2010-04-01 18:52)
  3. igucci (2009-10-01 00:52)
【最近のtrackback】
  1. 中川翔子が、エロ漫画家に転身決.. (2007-09-20 17:34)
  2. ドラゴンストーリー Gourmet Concierge:.. (2007-08-21 15:14)
あわせて読みたい

ねごとと、たわごとと、もうそうと

管理人: いぐっち (info@igucci.org)

総合掲示板徘徊記(旅行記)めいどさんその1めいどさんその2
2004.07.01以前 (blog移行前) の日記はこちら

ねごとと、もうそうと、たわごとと別館 (技術ネタ編)はこちら
新宿C級グルメマップ: 2008年版2007年版2005年版

2004|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2010|12|

2008-05-29 Business Blog & SNS World 08: 2日目 [長年日記]

[まったり] Business Blog & SNS World 08: 社内SNS 「COA」


社内SNS「COA」
by コミュニケーション・プランニング


・ 手帳型なのに (・∀・)ニヤニヤ
PresidentCOA/ExecutireCOA/BasicCOA の3種類!
・ でも確かに会社の状況(ベンチャー立ち上げ期、成長期、安定期…)
 により、SNSに求められる機能は違うはずなので、これはこれで合理的かも?
・ 特に PresidentCOA は、忙しい社長さんのために機能を厳選したとのこと


…手帳風味なのは、年配の方にも受け入れられやすいかも、と
思ってみたりして。



[まったり] Business Blog & SNS World 08: 社内SNS 大成功/大失敗する会社


社内SNSで、大成功する会社と
大失敗する会社



・ 結論: SNS導入の目的が明確な会社ほど成功しやすいよねー
・ 企業文化やリアルな人間関係が、そのままSNSの成功/失敗に反映するよねー

・ 退職したOB・OG専用SNSなんてのを運営している会社もあるらしい
 (いつでも戻っておいで的な施策?)
・ 派遣会社などの場合、社内SNSが第2のオフィスのような感じになることも
 (身は派遣先でも、心は第2のオフィスに出社、のような感じ)
・ 社員からのネガティブな情報が出てくるようになった。
 が、社長としてはむしろウェルカム(笑)

手嶋屋の社内SNSには「自炊部」やら「早起き同盟」コミュがあるらしい
・ んでもって、日記で遅刻連絡をする猛者が出てきたらしい


大成功/大失敗というのはさておき、色々面白い話が聞けたのがよかったっす。



[まったり] Business Blog & SNS World 08: 社内ブログ/SNSの失敗事例に学ぶ!


社内ブログ/SNSの失敗事例に学ぶ!
社内コミュニケーション活性化の鉄則



いつもチェックしている 近江商人JINBLOG の中の人
(上原仁さん)によるセッション。
しかし、「社内SNSの失敗」にフォーカスをしたセッションが多いなぅ。
社内SNSに関するノウハウが溜まってきたってことなんでしょうね。


・ 一般のSNSは使いたい人が参加。
 企業SNSは半強制的に使っている人がたくさん

・ 4つの失敗理由:
 1) アナウンスの不備
  → 運営チームや担当者が不明瞭だったり、topdown導入の
    場合に起こりやすい
 2) 情報洪水の発生
  → 社員が多い場合や、業務で利用する場合に多い
 3) 社員の負荷がup
  → 管理意識が強い企業や、営業マンが多い企業に多い
 4) 企業文化の壁
  → 歴史のある大企業や、ワンマン社長が引っ張る企業に多い


それぞれへの対応策については、当日のプレゼンで使用した資料が入手可能
とのことなので、ぜひご自分の目でチェックしてみてください。


あと、イントラnewsing、結構便利そうですね。
うちの会社が入れることはなさげなので、おいらは無料の newsing
我慢します(泣)


newsing、何気に毎日、情報収集に愛用しております〜




[まったり] Business Blog & SNS World 08: イノベーションをもたらす組織の知識資産とソーシャル・ネットワーク


イノベーションをもたらす組織の知識資産と
ソーシャル・ネットワーク


これまたいつもチェックしている情報考学 Passion For The Future
の中の人こと、橋本大也さんによるセッション。

他のセッションとは微妙に毛色が異なり、ソーシャルネットワーク
分野の研究成果の紹介からスタートして、これらをどう企業経営に
活用できるのか、といったスタンスでご発表されていました。
個人的は、非常にwktkさせていただきました。


スモールワールドの理論
 → 「世の中って狭いよね〜」のアレ。
   またの名を「六次の隔たり (six degree of separations)
 → スケールフリーネットワークも、これに関係
 → NASAによる研究報告: 地域と職業のつながりは特別に強い意味をもつ

弱い紐帯の理論
 → 社外や遠方で時々会うような弱い関係の人ほど、実は重要
 → でも、弱い紐帯の関係を維持するのには高いコストが…
   (1年の間に、9割が消滅)
  → そこでIT技術ですよ、お兄さん(IMとかTwitterとか)

構造的空隙の理論
 → 他人と重複することがないユニークな人間関係が重要
 → 早い話、コミュニティのブリッジになってる人は重要な役割だよね、って話
 → コネで著名な外部講師を呼ぶことができちゃうのも、これの実践例?

信頼の解き放ちの理論
 → 赤の他人を信頼できる社会だと、離れたコミュニティにいる
  もの同士が容易に情報交換できる
 → たとえば YelpInsider pages などの地域SNS型レビューサイト
  (ご近所様ということで嘘がつきにくい → 信頼)
 → 信頼関係をベースに知識を蓄積すると吉?
  → 社内の知識ストリームの共有(ブログ、ブックマーク、チャット
   検索ログ、日記をひとつのRSSに集約)
  → 新たなトレンドとして行動履歴型SNS
   → Mitter (動画視聴体験共有)
   → Wakoopa (アプリケーション利用履歴共有)

適正規模150人説
 → サル学者による結論
 → 軍隊や宗教とかを見ると、やっぱり150人っぽいらしい
   これが信頼関係を保てる限界?

BAモデルの理論
 → 新規参加者はすでにに知り合いの多い人を優先選択する
   結果、少数のハブ型人間が、いっそう影響力を強める結果に
 → ということで早期にネットワークに加入した人が有利なり
 → むしろ自らコミュニティを作ってしまう、というのもアリか?

見えざる大学の理論
 → 賢い科学者たちは、個人的かつインフォーマルな集いを持ち
   そこで情報交換をしている
   (自主勉強会、研究サークル、たばこ部屋、ゴルフ、異業種交流会…)
 → 「裏」感覚が重要?(トイレの壁新聞、たばこ部屋)
 → 学校裏サイトがよくも悪くも活発なのも、これが原因?

・ 日本家屋の仕切りの知
 → ふすま・のれん・しょうじの仕切りって風通しがいいよね
 → がちがちな内部統制は、あまりよろしくない
   ある程度、ネットワーキング創意工夫を黙認することも重要?
   (外部ASP利用、フリーソフトのインストール、掲示板/Wiki)

パーコレーションの理論
 → つながりの密度が一定の閾値を超えると、性質が一気に変わる
 → 箱にパチンコ玉とガラス玉をつめて通電する実験において
   ガラス玉が多いうちは電気が通らないが、パチンコ玉がある
   一定の割合(31%)を越えると、いきなり電流が流れ始める
   というのが、わかりやすい例?
 → たとえば愛知県豊川信用金庫事件などが、この実例
  一定の割合の人に伝わったデマは、爆発的に広まってしまう
 → 2ちゃんねるの湘南ゴミ拾いoffや、折り鶴offもこの事例?

・ 賢い集団の理論
→ 集合知の形成(文殊の知恵)
→ 集合知が形成される要件:
  意見の多様性、独立性、分散性、集約性



…もうね、おなかいっぱいでございました。
(ものすごい興味深く、非常に勉強になりました)

プレゼン資料を下さいとお願いしたら、メールで発表資料を
送ってくださいました。橋本さん、いいひとだ〜



お名前:
E-mail:
右の画像に書かれている文字列を入力してください:
コメント:
[]








なかのひと ← なかのひとによるアクセス概要マップ

ページランク