トップ «前の日記(2007-10-01) 最新 次の日記(2007-10-04)» 編集
【カテゴリ】
お知らせ | ご飯 | まったり | ゲーム | ニコニコ動画 | 技術 | 競馬 | 親バカ風味 | 旅行

【最近のツッコミ】
  1. hiro (2017-07-12 23:10)
  2. kan (2010-04-01 18:52)
  3. igucci (2009-10-01 00:52)
【最近のtrackback】
  1. 中川翔子が、エロ漫画家に転身決.. (2007-09-20 17:34)
  2. ドラゴンストーリー Gourmet Concierge:.. (2007-08-21 15:14)
あわせて読みたい

ねごとと、たわごとと、もうそうと

管理人: いぐっち (info@igucci.org)

総合掲示板徘徊記(旅行記)めいどさんその1めいどさんその2
2004.07.01以前 (blog移行前) の日記はこちら

ねごとと、もうそうと、たわごとと別館 (技術ネタ編)はこちら
新宿C級グルメマップ: 2008年版2007年版2005年版

2004|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2010|12|

2007-10-02 韓国済州島出張 3日目 [長年日記]

[まったり][旅行] 韓国・済州島出張 3日目


済州島出張、最終日。

やっといい天気になりました。
ホテルからの景色

ホテルからの景色。
ようやく海と空の境界線が分かるように。

朝飯

朝飯@ホテル。
今日もおかゆ。
やっぱり薄味。
微妙に違うタイプのおかゆにはなっていますが、
やっぱりおかゆはおかゆ。
お肉が食べたくてしょうがないばかもの^H^Hわかもの
には、ちと物足りないのであります
(ただ飯食わせてもらっている身分で、贅沢なやつ > おれ)


さてさて。
最終日の今日は、韓国側のイキな計らいで、終日済州島
の東側観光ツアーが企画されておりました。
ということで、みんなで仲良くバスにのり出発です。
なんか、遠足気分でございます(笑)


○ 万丈窟

途中、ツアーコンダクターのおばちゃんによる済州島マメ知識
(かつて済州島は「三多島」「三無島」と呼ばれていた。
多=石・風・女で、無=門、泥棒、乞食)などを聞いているうちに
バスは最初の観光スポットである万丈窟(マンジャングル)に到着。


万丈窟

世界最大の溶岩洞窟なんだそうです。
実際には10キロを超える長さの洞窟なのですが、観光客には
最初の1キロ程度のみが公開されているとのこと。

なんというか、洞窟という言葉には、妙な魅力があります。
私も、もう三十路を超えたおさーんなわけですが、それでも
洞窟と聞くと、なぜかそこはかとなくwktkしてくるというか…
(自動的に「川口浩探検隊」というキーワードが脳内補完されるw)


で、洞窟入り口。
ここで、我々探検隊は、いまだかつて想像だにしなかった
衝撃の事実を知ることになる!


先の台風の影響で、洞窟入り口から300m
までの区間しか、観光客には公開されて
いなかった!
ジャーーーーン !



探検オワタ\(^o^)/


万丈窟

中はこんな感じ(って、分からないか、これじゃ…)
想像していたより、ずっと中は広かったです。
(ところどころ狭い箇所もある)

洞窟内はひんやりとしており、ああ今まさに、おれ いん 洞窟
なんだなぁと実感させられます。
(でも300m限定w)



○ 城山日出峰

洞窟の次にやってきたのは、城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)
城山日出峰

なんでも、済州島の中でも一番景色のよいスポットの一つなんだそうです。
城山日出峰

えーと、その、なんだ。
その絶景を見るためには、これを登らないといかんらしいです。
アレです、運動です。ちょっとしたハイキングです、これ。

城山日出峰

しょうがないので、登って参りました。
今回の旅行、スーツ用の革靴しか持っていかなかったので、
(というか完全に運動不足なので)けっこうしんどかったっす。

城山日出峰

うん、がんばった、おれ。
(いや、30分弱で登れちゃうぐらいの丘なんですけどね)



○ ドラマ All-in のロケ地

韓国のドラマ「All-in」のロケ地となった協会なんだそうです。
詳しくはこちら

オールインハウス
オールインハウス

基本的に韓国ドラマに興味のない一同は「ふーん」といった感じでした。
ただ、(我々とは無関係の)観光に来ていたおばちゃま達のテンションの
上がりっぷりを見るに、ドラマを知っている人にとっては、ここは
かなりの聖地っぽいです。


ツアコンのおばちゃんが「オーリンハウス」と紹介しており、
「オーリン」って何だろう首をかしげていたのは内緒。

私の持つフル知識を駆使した結果、出てきたのが:

おーりん
オーリン

だったのも内緒。

…まさか英語で "all-in" だとは夢にも思いませんでしたw





○ 昼飯

韓流ドラマのあと、バスで移動してレストランへ。
レストラン

こちらが、そのレストラン。
相変わらずハングルが読めないので、店の名前がわかりません。
城邑民俗村の近くのお店。日本語の張り紙があり、店員のおっちゃん
が流暢な日本語を話していたので、あるいはツアーなんかでもよく
使われるレストランなのかもしれません)

今日はいい汗かいてます。
ちょっとした運動もしました。
ということでお腹も空いてます。
どんなご飯でも、おいしく食べられるコンディションです。

で、そんなおいら達の前に置かれたのが…


黒豚


肉キタ━(゚∀゚)━!!

ついに、本出張初の肉(黒豚)がやってまいりました。
これが、また、本当に( ゚Д゚)ウマーイの。
あまりの旨さに、鉄板ごとおかわりしました(笑)


先生方は、この段階でビールを投入。
すっかりリラックスモードに突入しておられました。
(基本的に、今日は皆さん「観光→即帰国」なので)

ビールが飲めないおいらは、コーンひげ茶で追随。
このコーンひげ茶が、また香ばしくて( ゚Д゚)ウマーでした。



○ 城邑民俗村(ソヌプミンソクマウル)

お腹いっぱいになったところで、城邑民俗村へ。
画像の説明

ここは、かつての伝統的な村の姿が保存された民族村でございます。
家の外観などを当時のままに保持したまま人が生活しているそうな。
(でも内装は近代化されており、床暖房なんかも入っているらしいw)

黒豚

村の中では、黒豚が飼われていました。
先ほどは、おいしくいただきました。
(-人-)ごちそうさまでした

トルハルバン

石のおじさんこと、トルハルバン。
守護神的な役割を担う石像とのことでした。

ちなみに、トルハルバンの鼻を触ると男の子を授かり、耳を
触ると女の子を授かるという言い伝えがあるらしいです。
ガイドさん曰く「鼻の形を見れば、なんとなくわかるでしょ」
とのことでした。

(/ω\)いやん



○ サングムブリ

観光ツアー最後を飾るのが、サングムブリ
サングムブリ
サングムブリ

周囲が2km強の大きさを誇る噴火口でございます。

サングムブリ

近くから撮影すると、ものすごい地味(笑)
上空から見ると、円形競技場のような形をしているらしいです。



○ 夕飯(機内食)

この後、空港に送られ、そのまま帰国。
夕ご飯は機内で食べることになりました。

さぁ、大韓航空さん。
行きは昼飯でしたが、今回は夕飯です。
今度こそ、韓国スピリットをおいらに見せておくれ!

機内食(大韓航空)

(´・ω・`) ショボーン



お名前:
E-mail:
右の画像に書かれている文字列を入力してください:
コメント:
[]








なかのひと ← なかのひとによるアクセス概要マップ

ページランク